売上が上がらない根本的な理由

あなたには明確な商品があるか?

基本的に売上を構成する要素として、

「フロントエンド」(お試し、本命商品の味見)
「バックエンド」(本命商品、高額)

の基本のメニューがあります。

当たり前ですが、商品がなければ売上が上がりませんよね。
当たり前ではあるのですが、これが意外や意外、フロントエンドしかないって方が多いのも事実。
実は売上が上がらない原因の一つとして「商品が(正しく)用意されていない」ということが多々あります。

例えば、施術系の方などは5000円のメニューしかない、とか、カウンセリングなどは3000円のメニューしかない、とか。
そうなると皆さんがよく希望する30万円を売上げるにしても、3000円のメニューしかないと、

3000円×100人=30万円

こんな感じですね。

月に100人にサービス提供しなくては、30万稼げない計算になります。
しかもこういうパターンはほとんどが新規からの売上になります。
毎月100人の新規なんて、どんな敏腕起業家でも集客が得意な人でも無理です!!

ではどうしたらいいのか?

フロントエンドの前にバックエンドを考える

比較的安価なサービスであるフロントエンド商品ばかりをいくら並べて売っても売上を構成するのはかなり至難の技です。
ならば、やはりバックエンド商品を売ること考えなくてはならないですね。
ここでよく勘違いされることは、フロントエンドを決めてからバックエンドを決めるという流れ。

コレ、実は逆ですから注意してくださいね!

もっと言うなら、皆さんのビジネスコンセプト・ブランディングとなる「世界観」を確立してから、それに沿った形で本命商品を決め、その味見としてフロントエンドを決めて行きます。

バックエンドを決めてからフロントエンドを決めることで、自然な流れでお客様を興味付し、誘導していくことができます。

フロントで「わぁ、この商品素敵!」「楽しかった!」「もっと学んでみたい!」ってニーズをしっかりバックエンドで満たしてあげることで、次のリピートにもつながります。
これがいわゆる「導線」と言われるものです。
こうやって仕掛けて行かなければ、なかなか30万円や50万円という売上が上がってきません。
10万円のバックエンドをきちんと用意すれば、

10万円×3=30万円

はい、たった3名が買ってくださればよいのです。
しかも、これを購入するのは、フロントエンドを買ったお客様。

だから、フロントエンドから自然な流れでバックエンドを買ってくれるようにお客様と関わるだけです。

ノーストレス!!

「起業して最初の30万円を最速で売上げるメール講座」配信中!


小冊子を今すぐゲット!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする