ブログを書く時間が作れない

「時間が取れない」のではなく「時間を取らない選択をしている」

コンサルをしていてよくクライアントさんがぶつかる壁は「時間管理」。
特に「ブログを書く時間がなかなか取れません」というもの。
でも時間が取れないのではなく、「時間を取らない選択をしている」というのが正しいかな。
結局、ブログを書くことより優先している事実があるというだけで、その優先している何かに時間をたくさん使っているということなのですね。
子育て中の方であれば子供との時間、会社勤めの方であれば本業とのバランス。
やらなきゃとわかっているし、時間も捻出したいのだけど、難しい。
きっとこういう方も多いと思います。

没頭しすぎると家庭崩壊?

私もかつてそうでした。
子育て真っ最中で上の子が2歳、下の子がお腹にいた時に起業したのでもう時間との闘いでした。
そして実はこんなことも考えていました。
「私がビジネスに100%全力してしまうと、家族が壊れてしまうかもしれない・・・」
私は、本当に没頭する人で、仕事に集中している時は子供の泣き声すらも聞こえなくなってしまうほど。
そんな私が仕事に時間の重きを置きすぎたら、きっと家庭崩壊してしまう。
そう思って(そう言い訳して?)時間をできるだけ取らないようにしていました。
でも現実は別に家庭は崩壊もしないし、子供はグレるわけでもないんですよね。

「頑張らねばならない」という思い込み

変な思い込みもいいとこでしたね。
肩に力を入れてがむしゃらにならないと「稼いではいけない」という、わけのわからんブロックも相まって笑、そう思えば思うほど、仕事に集中してしまうし、子供に対して罪悪感が湧いてくる。
もうどうしようもなかったです。
自分の課題は「頑張らないこと」でした。
日本の女性は今すごく「頑張って」いますよね。
もちろん頑張るのはいいことだし、応援したいのだけど、頑張らねばならない・・というのはちょっと間違っている気がします。
実際、今はそれほど「頑張ら」なくても、ちゃんと収入を得られている自分がいます。
頑張る方向が間違っていたな~って今はつくづく思います。

短い時間でも100%全力で!

そして頑張りすぎてヘロヘロになっている私が、のちに通うことになったアカデミーで衝撃のことを言われたのです。
アカデミーの講師の方がこんなことをおっしゃっていました。
「私は本当に忙しいけど家族のことも大事、仕事ももちろん大事。でも家族に使える時間は実際は全体の1割しかない。でもこの1割で私はいつも100%全力でやってる。だから全然悔いはない。」
なるほどこういうことか。

使える時間が10%でも、エネルギーは100%全力でかければいいのか!!!
使える時間が問題なんじゃない。
どう使うかが問題なんですね。
ホント、これを聞いた時は衝撃でした。

短い時間でも濃い内容にするには「●●」を変えること

言いたいのは結局エネルギーの出し惜しみをするなってこと。
時間=エネルギーではない。
かけた時間が短くても、しっかり内容の濃いことをやればいい。
だから、常に頭の中の情報をアウトプットしたりして、メモをとっておいたり、そういう工夫をしなければね。
時間ばかりかけても、結局ビジネスも子育ても中途半端っていうのが一番残念ですよね。
ブログが書けないって嘆いてる暇があったら、ネタ帳でも作ってアウトプットしてみたらいい。
ネタが出てこないなら、アンテナ張るしかない。
そうして、ただボンヤリ・・・の脳内を、100%全力で活用していくしかないのです。
それもこれも結局全部「意識」なのですね。
意識が変われば現実が変わる。
本当にそうだと思いますね。

「起業して最初の30万円を最速で売上げるメール講座」配信中!


小冊子を今すぐゲット!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする