売上30万円を具体的にどう作るのか?

ビジネス初心者は、まずは月商30万円を目指したいと言う方が多いのではないでしょうか?

でも頑張ってもいつも5万とか10万の売上の方は意外と多いものです。

それは、例えば起業初期の方の場合、3000円の商品だけを新規に一生懸命売っている、という売上構造がほとんどです。

それなら30万円を売上げるのに、100人のお客様が必要になります。

ものすごく途方にくれるうような難しさなわけです。

だから、途中で挫折・・・というパターンになるのも無理ないのです。

売上構成に貢献するバックエンド商品を販売するには?

ではどうすればいいのか?

起業初期の方には具体的に10万円のバックエンド商品を決めてもらいます。(中級の方には30万円)

そして10万円の商品を3つ売ってもらいます。

これで30万円ですね。

いや、そんな簡単に10万の商品なんて作れないし、売れませんよ!?って思うでしょう。

そりゃお客様も10万円の商品なんて、いくら内容がよくてもいきなりは購入しません。

だからこそ仕掛けていくのがフロントエンド(バックエンドの味見、お客様との最初の接点となる商品)と言われる商品が必要なのです。

フロントエンドでまずは10万円の商品の「味見」ができるものをラインナップする。

そしてフロントエンドから上手にバックエンドに流していきます。

フロントからバックエンドの10万円サービスに上手に誘導して3名に販売して30万円を売上げる

これが30万円の作り方の基本です。

高額商品も確実に販売していくための「個別セッション」とは?

ちょうど先日も、起業初期の方がバックエンド10万円が売り上がって、今月の目標の30万円を超えた~!って報告があったばかりです。

ビジネスを始めたばかりですが、今トントン拍子で成果につながっています。

では、なぜこんなにもどんどん売上が上がるのか?

それは、バックエンドを決めてもらうための「個別セッション」というプロセスを一旦間に挟んでいるからです。

すると・・成約率が飛躍的に上がります。

個別セッションで相手の不安やニーズをしっかり聞くことで、適格にクロージングができるからなのです。

私のクライアントさんにもそれを徹底的にやってもらっています。

だから、FBやブログ、メルマガの導線はあくまでフロントエンドで本命商品の味見してもらうだけの安価なサービスの提供になるので、人が集まりやすくなります。

私のクライアントさんがいち早く成果が出せるのも、この導線がしっかりあるからです。

そして世界観の作りこみをしっかりやることで、ブランディングも同時に強化し、あなただけのオンリーワンのサービスイメージを作り上げます。

こうして導線をしっかり強化することが、売上を構築するコツですね。

「起業して最初の30万円を最速で売上げるメール講座」配信中!


小冊子を今すぐゲット!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする