お金を稼ぐことに抵抗がある人へ

コンサルにいらっしゃる方には、私は必ず「コンサル終了時にいくら売り上げたいですか?」という質問をします。

そうすると、「え?うーん、あ~・・・・30万円くらいですかね?」

って質問を質問で返す^^;

【関連記事】月商100万円は本当に可能なのか?

で、やっぱりその人のお金に対するブロックがモロに出てきちゃうのが、この手の質問なのですが、1つ残念なお知らせをしておきますと、お金を稼ぐことに抵抗のある人は、まず起業して成功できません。

それはビジネスの本質が「価値提供」、だからなのです。

収入=価値である

どんな商品でもサービスでもいいのですが、価値のあるものでないと売れませんよね。

そしてその価値を決めるのは「消費者」ですね。

いくら自分が良いと思っても、消費者が「良い」と判断しなければ、売れません。

だから、お客様があなたの商品に価値を感じ、「その商品売ってください!いくらですか?」って聞かれたら、「●●円です」とちゃんと伝えなくてはならないのです。

ここ、ものすごーーーーーーーーーく大事なので、もう一回言っときますね。

お客様があなたの商品に価値を感じたら、あなたは商品の価値に対する対価を受け取らないといけないのです。

そして、この交換こそが「ビジネス」です。

お金がエネルギーと言われるのもその所以です。

お客様が「感じた価値」をお金という「物質」と交換するのですが、お金は「お客様が感じた価値」の代わりなので、エネルギーなのですね。

だから、お金受け取れないっていうのは、「お客様の感じた価値のエネルギー」を受け取れないってことなのです。

これ、めちゃくちゃ失礼じゃないですか?

きちんとお客様の「ありがとう」のエネルギーを受け取らないと、こちらも価値提供できませんよね?

だから、売上はそこそこでいいのです、という人は「お客様に価値を提供してそれほど喜んでいただくつもりはないです」ということと同じなのですよ!

値付けを間違えると(安すぎると)価値が半減する

例えばこういう経験ないですか?

ちょっと値段が張りそうな洋服とか、値段を見たら「?!安い!」なーんてこと。

安いから、と思って購入はするものの、やっぱり値段なりにしか扱えない。

値段の高い洋服は、丁寧にクリーニングしたり、手洗いしたりするのに、値段がそこそこの洋服は洗濯でガシガシ洗っちゃったりして。

でもですね、この価格の差って、結構ブランドの差だったりもするわけで、品質とかは大して違いもなかったりするのです。(ハイブランドなどはデザイン性もあるので一概には言えませんが・・・)

例えばユニ●ロは安いからワンシーズン着れたらいいわ、とかですね。

つまり、消費者は価格なりの価値しか受け取れないわけです。

ユニ●ロなんか、結構品質がいいのにもかかわらずですね。

だから、購買層も価格相応なのだろうし。

だから値付けって大事なのですよ。

値段なりのお客様を連れてきてしまうし、安くしてしまうと、本来の価値をお客様が受け取れないのです。

これまた物凄い罪。

正しく値付けをすれば、お客様はそれ相応の価値を受け取れるのに。

安くしたばっかりに、本来の価値を受け取れないわけですから。

なので、値段を安くするって、実は超自分目線の行為でもあるということです。

お金を稼ぐことに抵抗があるなら・・・

極論を言えば、お金を稼いで税金を払ってくれたらいいわけですよ。

高額納税者は悪人みたいなイメージを持っている起業家は、本当に稼いだことがないのでしょうね。

自分が税金を払う立場になってください、しかも何百万も何千万も。

わかりますよ、「あ~、この税金で日本が支えられてるんだな~」って。

税金は重たいし、良いモノではないけど、結局その税金を享受しているのは誰ですか?って話。

だから、稼いでたくさん税金払ってください。

税金の使い道の議論はまぁ、置いといて、税金によってあなたの子供や年老いた親が支えられてることも事実なのです。

だから、高額納税者さまさまなのですよ。

本当に社会の役に立ちたいと思ったら、稼ごうってことです。

そしてお金を循環させて、社会に役立たせたらいいのです^^

価値を生み出したい!と言う方のためのグループ講座が1月からスタートします!

「起業して最初の30万円を最速で売上げるメール講座」配信中!


小冊子を今すぐゲット!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする