子供に「やれ」と言ってる割に、自分は涙が出るほどやってるのか?

先日大阪のコンサル仲間がこんな記事を書いていらっしゃいましたよ。

●佐伯あきこさんのブログ記事:あなた、子供にこれ言ってません??

もうこれ見た時ホント、納得でした。

子供に言ってること、親のあなたが全然できてない。

さぁ、久しぶりに今日はちょっと吠えますよ笑

号泣したこと、最近ありますか?

かっこつけて生きてればそれはそれで困らないかもしれませんが、可もなく不可もなくですね。

逃げたかったら逃げればいいし、やりたくないことはやる必要もない。

結局自分の人生ですからね、自分に返ってきます。

私のクライアントさんで先日号泣した方がいます。

この道何十年の超ベテランさん。

変わりたい、何かを変えたい!

今のままで終わりたくない!

その想いが溢れて、でも何が問題なのかも、どうしたいのかも、どうなりたいのかも、わからないと泣いていました。

ポイントはこの道数十年というところです。

数十年たってもお客様に価値を提供したいと泣くわけですよ。

この気持ちわかりますか???

私は心が震えるほど感動したし、この人のサービスを絶対に良いモノにしたいと心から思いました。

無難なビジネスする大人たち

一方、超無難にやりたい人もいます。

失敗するのが怖い、馬鹿にされるのもイヤ、自分を崩したくない、自分のペースでやりたい、保証のあることしかやりたくない・・・

とまぁ、なんでもいいのですが、物凄く無難にやろう、上手くやろうとします。

それでよければそれでもいいのですが、お客様は感動しませんよ。

そんな自分にベクトル向いた人にお客様は興味ありませんからね。

ビジネスの世界はとても素晴らしいですが、辛辣です。

お客様はあなたの都合など関係ないので、自分ベクトルのビジネスは繁栄するはずもありません。

自分、自分、と自分のことばかり。

その割に自分と向き合わず、周りのせいにするという悪循環。

起業の醍醐味は自分と向き合うことに他ならないです。

でも実は大人はそれに慣れてない。

と言うか忘れてしまっています。

だから、夢を追うとか、頑張るとか、達成感とか忘れちゃってるんだろうなと思います。

で、もう今更頑張れないわけですよ。

かっこ悪いところも見せれないし、目標!達成!とかかっこ悪すぎて、できないわけです。

でもそれでいいのかな。

サラリーマンならそれでもいいと思うけど、起業してお金を稼いでいくって、そんなに甘くありません。

苦手なこと、恥ずかしいこと、無理だと思うこと、苦しいこと、全部から逃げてうまくいくわけないです。

厳しい言葉でいうと「何言ってやがるんだ!!」と思います笑

子供は見ています、あなたのその甘さ・・・

「長友さんはいつも働いててお子さんのことはどうしてるんですか?」とよく聞かれます。

やってるに決まってるだろー!と言いたい。

うちは主人がかなり強いサポーターとしていてくれているから、二人で二人三脚頑張っています。

私は近くに親が住んでいるわけでもないし、何かあっても預けたり頼れる人がいません。

でもやってきました。

そしてあの一切家事などしなかった主人がここまで変わったのは、私がいかに真剣にビジネスをし、子育てもし、家族が寝てる早朝から仕事をしている姿に共感してくれたからです。

これは家族だろうとお客様だろうと同じなのです!!

あなたの姿や想いに共感できるか!なのですよ。

私は2012年の8月に震災後の原発事故の子供の健康への影響を考え、夫婦で仕事を辞めて、親やこれまであった全てを東京に残し、宮崎に移住してきました。

子供への愛は、私の中では私の人生で示しているつもりです。

子供たちはもう少し大きくなればわかるでしょう。

私たち夫婦のあの時の決断の理由を。

その後起業して、全くお金もない、知り合いもいない、でも子供たちを食べさせるしかなかった。

あの時の強い想い、今でも思い出すと泣けてきます。

綺麗に起業なんてできる状況じゃなかった。

もう後がなかったから。

泥臭い初めての起業でしたが、必死でした。

だから、きっと共感していただけたのだと思います。

私は子供たちのために移住し、そして起業しました。

応援してくださる方が出来て、今ここまで成長できて本当に幸せです。

子供たちは必ず見ています。

あなたの後ろ姿。

やるって言ってるのにやってないあなた。

逃げて知らんぷりしているあなた。

かっこつけてばかりいて、かっこ悪すぎるあなた。

冒頭に紹介した佐伯あきこさんも、長男が障害を持って生まれていらっしゃいました。

だから、やる理由がそんじょそこらの人と違うわけですよ。

超甘甘の、やりたいこと、やれることしかやらない人が、あきこさんのような方の「やる理由」に勝てるわけないだろ!と本気で思います。

そのくらい、やる理由が明確かどうかってことです。

そして、子供同様、お客様も静かにそこを見ています。

誤魔化しなんて一切効きません。

なんとかうまくやろうなんて思わないことです。

絶対にうまくいかないから。

「起業して最初の30万円を最速で売上げるメール講座」配信中!


小冊子を今すぐゲット!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする