集客できないシンプルな理由とは?

「先月は集客できたのに、今月は集客できないのです・・」

そんな話を昨日クライアントさんから聞きました。

集客って奥が深くて、でも実はとてもシンプルです。

集客できない理由は、色々な要素が複合していますが、結局、とても当たり前でシンプルなことができていないだけということも多々あります。

では、そのシンプルな行動とは一体何か?

先月は100万円突破したクライアントさんが今月ぶつかる壁

冒頭にご紹介した「集客できない」と嘆いていたクライアントさんは、実は先月110万円を突破しました。

で、先月は集客できて110万円を突破して、なぜ今月苦戦しているのか?ですね。

これ、本当に普通に考えればわかることなのですが、大きな理由は準備不足です。

まず先月はどうだったかと言うと、このクライアントさんは、コンサルで進めてきたあるプランを実行し、あっという間に集客し、バックエンドも順調に販売できて100万円を突破しました。

では、今月はどうなっているかというと・・・

先月成約いただいたお客様のサービス提供がスタートし、来月の仕込みをし、今月の集客のために毎日ブログとメルマガを更新する。

つまり、先月はブログとメルマガを書いて集客だけしていたのですが、今月はこれに合わせて、「来月の仕込み」と「新規顧客のサービス提供」と「今月の集客」を同時にやらなくてはなりません。

先月のうちに今月の仕込みをしておけばもっと結果は変わったのでしょうが、先月すでにそこまで手が回らず、今月の集客に結び付いてないのですね。

単純に今月は仕事量が先月の3倍くらいになっているのです。

そして厄介なことがもう1つ。

それは、先月100万円を売上げたプレッシャーが想像以上にキツイということ。(これは妄想なのですけどね)

準備不足、メンタルのブレ、慣れない新規顧客へのサービス提供・・・これらが一気に2か月目にやってきて、益々気持ちはドーーーーン、なわけです。

焦る時こそやらなくてはならないこと

この100万円の壁って、意外と目に見えない高いハードルなのかもしれませんが、準備をきちんとすることで全く問題にならなかったりします。

忙しくなることは簡単に予想できるわけですから、月初に毎回計画をたてて行動管理をすることがいかに重要かが分かると思います。

私もクライアントには、「必ず先月の振り返りと今月の目標を送ってください」と言っています。(これすらできない人もいますが・・・)

ここをおろそかにするなんてありえないわけです。

先月どうだったかを振り返る。

どこが良かったのか、まずかったのか。

では、今月どう改善して、どこを伸ばしていくら売り上げるのか?

起業してて、こんなことくらいやってて当然です。

なんなら私なんか、来年の秋のビジネスプランまでもう立てています。

皆さんも来年のプランはざっくり一年間で今立てておいた方がいいですよ。

毎月100万円を安定的に売上げるには・・・?

これも当たりまえのことなのですが、結構できてない人がいます。

それは、発信の手が止まること。

このクライアントさんもそうでした。

集客ができていない、の嘆きを聞いた時に真っ先にこの質問をしましたよ。

「ブログとメルマガは毎日配信していますか?」と。

そしたら案の定、「できてません」との回答。

私が尊敬する有名なコンサルタントの方もこんな風に書いていました。

告知の数を増やすことです。

誰がどうなる
感想
誰がどうなる
告知記事へリンク

の記事をブログで20回。メルマガで20回書いてから、結果に悩むと良いです。

反応が悪い。やる気なくなった。書かなくなる。と、されている方が多いです。

書かない。=告知しない。という選択で集まるなら良いです。

しかし、見せない限り、集まるわけがないです。

結果は、全く気にしないで、ノリノリで各20記事書いてみて下さい。

たいていは、そこまで書き終わる前に、集客は、終わります。

もうね、ホント、この通りなのですよね。

『発信しないから、集まらない。』

当たり前っちゃ、当たり前の話です。

大変な時こそ、初心にかえって、毎日コツコツ発信をブレることなく継続できる人はやっぱり強いです。

わたしだって、いまだにほぼ毎日ブログ、メルマガ更新しています。

だからこそ、毎年右肩上がりに売上も上がっていると確信しています。

もうこのくらいでいいか、なんていうことは、起業の世界にはありえませんよ!

それどころか、もっともっと高みを目指して、質も量も上げて、お客様に価値を届けなくてはね。

コツコツに勝るものなし!

「起業して最初の30万円を最速で売上げるメール講座」配信中!


小冊子を今すぐゲット!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする