今やれることを先延ばしにする強烈なデメリットとは

個別セッションや単発コンサルなどで、こういう質問をします。

「それ、いつ取りかかって、いつまでにカタチにしたいですか?」

そうすると時々、「来年くらいですかね・・・」「5年以内には・・・」という方がいます。

そのビジョンを持つのは自由なのですが、今せっかく想いがあるのに、それを先延ばしにするって、結構なデメリットがあることをお忘れなく。

今日は、今やれることを先延ばしにする強烈なデメリットをいくつかお伝えします。

1.マーケットは生き物である

例えば何かの資格を取ったとしましょう。

一生懸命勉強して資格を取ったものの、今は会社を辞める予定はない。

子育てが落ち着いたら、取った資格を活かして起業しようと思っているとします。

でも、その資格がはたして何年もマーケットで通用するのでしょうか?

答えはNOです。

今旬な資格でも、あなたが活動しよう!と動き出した時に、旬で在る可能性は低いです。

なぜなら、マーケットは生き物であり、日々成長するから。

今は顧客のニーズも市場の流行も1年で様変わりします。

ファッション系なんかは特にそうですよね。

コンサルティング系でも、今通用しているSNSツールだって来年はどうなるかわかりません。

現に、以前は主流だったアメブロ集客も、飽和してきている感が否めず、新規の個人ビジネスが参入するのは難しいと思われます。

じゃ、次なるツールはなんだ?となって、時代はどんどん動いていくわけです。

2.時は金なり

時は金なり、Time is money!

もうこれに尽きますね。

講座などでもこういう話をよくお伝えします。

例えば今会社員のお給料が20万円あるとします。

1年で240万円の収入です。

では、仮に30万円の自己投資して月収30万円をコンスタントに稼げるようになったら、360万円の収入です。

自己投資した30万円を差し引いても年収330万円。

この状態を3年先延ばしにしたら、

・240万円×3=720万円

・360万円×3(-自己投資30万円)=1050万円

3年後の収入差は330万円です。

いきなり30万円も稼げないから、半分に見積もったって170万円の差が生まれます。

これは別に会社を辞めろとかいう話では全くなくて、これを見てどういう人生を選択するか?の話です。

時間はみんなの平等。

では、その時間でレバレッジを利かせて、あなたはどう有利に動くか?ですね。

3.そもそも3年後、5年後なんて誰にもわからない

そもそも、明日どうなっているかもわからないですね^^;

もちろん未来のビジョンを描くのはとても大事なのでが、昔は10年ひと昔、なんて時代で、最近は5年ひと昔なんて言ってますが、今は1年で時代は様変わりしますよね。

スマホが一人一台なんてこの10年の話だし、3年前にブレークした芸能人は「あの人は今」とか出てますよね。

3年前がとっても昔のように感じます。

子育てしてたらなおさら。

子供が3歳になった5歳になったと言ってますが、子供が生まれた時の流行りとか覚えてないですよね?

私ももうすっかり忘れました笑

時間の流れってめちゃくちゃ早いです。

そしてチャンスが到来して通過するのも、ほんの一瞬です。

では、自分はいつその波に乗るのか?

ひと昔前のフレーズで言えば、「今でしょ~!!」

ですよね^^

重要なお知らせ!「売り込み0で雑談してても軽やか100万円」小冊子リリースしました!下記から無料ダウンロードできますので、今すぐダウンロードしてみてください!
「起業して最初の30万円を最速で売上げるメール講座」配信中!


小冊子を今すぐゲット!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする