ビジネスが家庭円満を連れてくる理由

長友あづさ直撃インタビューその1はこちらからご覧ください。

移住、オンラインショップオープン、出産、コンサル業スタートまで、たったの3年で成し遂げたあづささん。

あづささんの「起業」「ビジネス」への想い、を今回もわたくし、柏木いづみが直撃してまいりました。

起業に必要なのは、瞬発力?

柏木
あまりのスピード感に目が回りそうです(笑)

でも正直『起業してったった3年の経験で何ができるの?』みたいなことって言われたりしませんか?

長友あづさ
しますよー!でも関係ないと思ってる。

ビジネスって瞬発力が大事だし、『5年後年商1000万になれるように頑張ります』ってそんなに時間かけて誰が得するのって思う。

柏木
確かに。15年かけて1億円稼ぎましたっていうノウハウより1年で1000万円のノウハウの方がほしいかも。
長友あづさ
みんな持久力がないから早く結果がほしいんだよね。

だけど、間違ってほしくないのは打ち上げ花火みたいにドーンと瞬発力だけで1000万円稼いでもビジネスは成功じゃないってこと。

やっぱり稼ぎ続けるための持久力は必要。

短い時間で楽して儲かるノウハウなんてものはないんだよね。

成功する起業家にとって、瞬発力と持久力の両方をバランスよく持っていることが大切ってことですね。

起業したら家庭円満になる?

自分はどうして起業するのか。

何のために誰のために起業したいのか。

突き詰めてみたらそれは「愛」でした。

柏木
あづささんの家庭の主たる収入は今あづささんが担っているわけですよね?

そのことにつて、ご主人と何かもめたり亀裂が入るような時期ってなかったんですか?

長友あづさ
うちはそういうの全くないな。

そもそも東京にいた時から彼は俳優で収入は不安定だったし、私はサラリーだから安定してた。

そういう意味では結婚当初から主たる収入源は私の稼ぎだったので。

柏木
でも、世の主婦起業家さんは、収入の格差なんかで旦那さんとの間に軋轢(あつれき)が生じるなんてことよく聞きますよね?
長友あづさ
そんな小さいこと言う男に魅力感じるかなー?

そんなこと言う人ならさっさと見切りつけちゃえばと思っちゃう。

大体、起業して頑張ってるのって家族のためなわけで、収入の多い少ないは関係ない。

同じベクトルで夫婦が一致団結しているかってことが大事だと思う。

柏木
旦那さんより稼がないようにしたいって話、結構聞きますよね。やっぱりそういう男性が多いってことなんですかね?
長友あづさ
そういう男性が多いってだけじゃなくて、男性より稼がない方がいいって思っている女性も多いってことなんだと思う。
柏木
確かに。女子には『守られたい願望』はあるかもしれないですね。

旦那の稼ぎがあって、自分はサポート、みたいな。

長友あづさ
20万くらいまででいい。

家計に少しプラスできれば…。みたいな人とは私、合わないですね。(笑)

だったらそもそもリスクを抱えてまで起業する必要ないし。

アフェリエイトとかでもパートでもそれくらいだったらすぐ稼げるでしょ。

ビジネスを始めたら、収入をここまでで止めますってできない。

そうしたいならサラリーマンやってた方がいいと思う。

柏木
自分の欲とか自分のためだけに頑張るって息切れしちゃいますもんね。

結局家族のために起業するのに、そこを理解してもらえないのは苦しいかもしれません。

長友あづさ
ビジネスは『愛』だよ。それを注ぐのが家族でもクライアントでもいいんだと思う。

ビジネスは誰かを幸せにするためにするものだし、自己肯定感の低い人は誰のことも幸せにできない。

自分の持っているものを手放せなくて人に与えられないと思う。

柏木
それわかります。幸せって『おすそ分け』しかできないですもんね。自分が幸せじゃないのに、誰のことも幸せにできない。
長友あづさ
そう。だから苦しいビジネスは長続きしないってこと。

大変でも忙しくてもワクワクしてないと。

赤の他人を幸福にするなんて生半可なワクワクではできないでしょ。

ビジネスは『愛』そのものだよ。

愛でしか人は動かないからね。

愛情をもって、ワクワクしながらビジネスを展開していく。

それが長友あづさの真骨頂なわけですね!!

その3へ続く

著:セールスライター 柏木いづみ


セールスライター 柏木いづみ
お客様のお話をじっくり聴いて、その情熱や思いを文章に起こすことを得意とし、主に店舗経営者のSNSやブログ、商品紹介ページの文章作成をサポートしています。
「話すことはできるけれど文章にするのは苦手!」という方の強い味方です。
アメブロ 軽やかに働く起業家へと導く!あなたの魅力発掘セールスライティング
「起業して最初の30万円を最速で売上げるメール講座」配信中!


小冊子を今すぐゲット!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする