起業家が「時代の流れ」に乗る方法

昨日のブログでも書きましたが、2018年から2020年の3年間は、時代が大きく変革を起こす大事な3年だそうです。

今日は、松田聖子と中森明菜という対照的な2人をピックアップして、

「時代の波に乗るために、この3年をどう行動すべきなのか?」

というお話をしますね!

私が今コピーライティングを学んでいる、新田氏のブログのこんなことが書いてありました。

ずっと前から言ってましたが、

2018年〜2020年の3年間は、良くも悪くも、時代が大きく変わります。

これは、「未来予測」を専門とする多くの人が、だいぶ前から全員共通して言っていることです。

仮想通貨がこの1年でポピュラーになって

これから経済の仕組みも(良くも悪くも)

大きく変わるし、

平成が終わるし、

運命学的には2018〜2020年は「異常干支」だし、

2020年にはオリンピックがあるし、

どの角度から見ても、これから大きく時代が変わるであろうことは明白です。

おそらく3年後から今を見たら

「こんな変わってるんだ・・!」

って思うでしょう。

これから、時代のうねりが起こるのです。

だから、今がすごく大事な時期だし、もし一気に有名になって影響力を持ちたいなら、今がチャンスです!

なぜか・・・?

僕は昔から、

「時代の変わり目にちょっとだけ活躍しよう!!」

ということを言ってきました。

そうしたら、新時代の頂点を取れるからです。

(引用ここまで)

昨日のこちらの記事にも書きましたが、私にとっても今年からの3年は本当に大事な時期です。

私の周りでも、既に変革が起きているという方が非常に多いです。

でもいつの時代も、残念ながら波に乗れない方というのが存在します。

そういえば、往年の松田聖子と中森明菜が同じ時代の芸能界の改革者でありながら、対局にあり全く違った結果を手にしたこと、みなさんもおぼえていらっしゃるのではないかな。

matsuda-seiko-pink-scooter-1024x576.jpg

聖子ちゃんは当時完全に流れに乗りました。

流れに乗るために自分を時代にフィットさせていった。

相当なアンチに

「涙が流れてないぞ!」

とか

「整形だろ!」

とか

「ぶりっ子!」笑、

とか野次られながらも、わが道を行き、時代に柔軟に自分を変革させていきました。

当時有名だった郷ひろみを手玉に取り、時代を「作った」人です。

真相はわかりませんけどね^^;

最終的にはキャリアを着々と重ねながらも、神田正輝と結婚し、一女をもうけて、地位・名誉・家庭、全部を手に入れた、今でもディナーショーは何十万もする人気アーティストですね。

wpcl000011722_LLL.jpg

一方の明菜ちゃん。

当時ぶりっこの聖子ちゃんの対抗馬として「不良イメージ」でマーケットを作りました。

が・・・

数々のヒット曲に恵まれたにも関わらず人気は低迷していきました。

最終的にはマッチとの破局によって、心はズタズタ、歌手生命も風前の灯になってしまいました。

あの時代、この二人は確実に時代を創る二人でした。

でもなぜ、こんなにも違う結果を手にしたのか?

実はこんなエピソードがあるそうです。

事件が起きたのはTBSの歌番組「ザ・ベストテン」に明菜と聖子が初めて揃って出場したときのこと。

司会の黒柳徹子が、二人に対してそれぞれ

「お互いをどう思っているのか」

と質問した。

即座に「ライバルです」と答えたのが聖子ちゃんだったそうです。

一方、明菜はちょっと考え込んだ表情を見せた後、さらっと「別に……」とだけ口にした。

何が言いたいのかというと、自分の役割がわかっているからこそ、聖子ちゃんは明菜ちゃんを

「ライバル」

として認識していた。

ここで、ライバルと明確に戦わなければ次のチャンスはない。

その自覚が相当あったと言われているそうです。

つまり、時代の流れが来ている時に思い切った一手が打てるか。

それによって、運命は明暗を分ける。

それを認識しているかどうか。

話を戻すと、この2018年からの3年間は

「思い切った一手を打つべき3年」

と私は位置づけています。

いつでも臨戦態勢でいる必要はなく、人生で何度か

人は正しい判断と

正しい戦略で

戦わなくては生き残れないタイミング

というものがあります。

今、全人類にそのタイミングが来ているということだと解釈しています。

地球温暖化の問題なり、

人口増加の問題なり、

世界レベルで肚を括って捨てるべきものを捨て、次の一手を打っていかなくては、もう私たち人間の未来すら危うい時代。

この3年を一人一人がどう感じ、どう生きるか?

そこを本当の意味で問われていると思います。

今までの延長の3年間にするのか。

皆が一つ上のステージを目指す3年間にするのか。

それによって、子供たちの未来も人類の未来すら変わる、大事な3年間だと私も心しているところです。

私はこの3年間で、おそらく自分の持っているすべての叡智をつぎ込んで次世代を育てたり、

自立した人材を育てることに集中すると思います。

そして次の100年をみんなが豊かに生きられるように、私たちが遺しておくべきことがたくさんあるからです。

大げさな話ではないと思っています。

「世界平和は、それぞれの家庭の食卓から」

なんて言葉もあります。

私たち一人ひとりが変革の波に乗り、時代を創るんだと意識すること。

それによって、どんな風にもなれるんだということを共有していきたいと思います^^

こんな意見、あんな意見、ぜひお聞かせいただきたいです。

こんなことを学びたい!

でもいいし、

こんなセミナーやってほしい!

でもいいです。

必要なら全国どこへでも飛んでいきます。

この3年でご縁のあった人は、なんだか一緒に時代のうねりにのまれて、グングン上昇のスパイラルを、私たちが台風の目になって創って行ける、そんな気がしてならないのです。

そう思って学び、成長し、決断し、行動できる、そんな仲間をたくさん募集しています。

来月くらいには、ちょっとしたコミュニティも作って行こうと思っています。

私も次なる一手を一緒に模索していきたいと思っています!

ではまた!!

「起業して最初の30万円を最速で売上げるメール講座」配信中!


小冊子を今すぐゲット!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする