過去の教訓から徹底的に学ぶ

過去に学ばない人は多いです。

同じ場面で同じ選択をし、

同じ失敗を繰り返してる人が多い。

例えば、

恋愛なんかいい例ですよね。

ギャンブル癖の男に

散々苦しめられて、

「あー、もうこんな男こりごり!」

なんて言ってたはずなのに、

新しく連れてきた男は

またダメンズとか。

まーた同じタイプじゃん。

って周りはあきれますよね。

周りの人は冷静に状況を見ているから、

まーた同じタイプ

なんてこともよく見える。

でも本人は見えない。

これは実はビジネスでも同じことが言えます。

自分の思考癖や

自分の行動パターンを熟知してないと、

同じ場面で同じ選択をして

同じ失敗を繰り返します。

下手もすると、

「次こそは大丈夫」

なんて根拠のない自信で行動したりします。

ブログが続かない。

周りの目が気になる。

気分の浮き沈みが激しい。

などなど、

色々あると思いますが、

ビジネスがうまくいってない人は、

同じ場面でおそらく同じように

躓いているはずです。

その傾向を知る必要があるということです。

「〇〇すべし」

よりもむしろ、

「〇〇してはならない」

を明確にして、

「敵を知り過去の教訓から学ぶ」

ということを実践できれば、

不敗に一歩近づけると思います。

一方で、

もう一つよくある負けパターンもあります。

それは、

「何もしない(チャレンジしない)」

ということです。

戦国時代では、

戦にん負け、国を滅ぼされた者が敗者です。

でも今の時代は、

ちょっとその負け戦の形も様変わりしました。

本来手に入るはずの成功を

「何もしなかったから(チャレンジしなかったから)」

失った人はとても多いと思います。

これはある意味、

戦って負けた戦よりもたちが悪く、

なぜかというと、

無からは何も学ぶことが

できないからです。

何も行動しなかった。

チャレンジしたかったけど

結局やめてしまった。

それはおそらく、

チャレンジして失敗するよりも、

大きな何かを損失しているのかもしれません。

やたら猛進すればいいというわけではなく、

過去の教訓から徹底的に学び、

必要な時に

自分の120%の力を

一点に集中することができるように、

アンテナを張り、

意識レベルを高めておく必要があります。

ただし、

肝心なところで決断できない人は、

決断のセンサーも鈍っているので、

まずはそこから研ぎ澄ませていくしかないです。

で、そのセンサーを磨くには、

そういうセンサーを持っている人と

時間を共にすること。

それが一番早いです。

戦い方を知ってる人のそばで、

その人の考え方ごと

自分の脳内にインストールしてしまうのが、

実は一番早いです。

その考え方がインストールできたら、

パソコンと一緒で、

あとは使っていくうちに

慣れてきます。

どんどんパソコンのスペックが

上がっていくように、

自分の人生レベルも

ビジネスのステージも

確実に上がっていきますよ。

さぁ、今日からGW!

今年も3分の1が終わりましたね汗

近々久しぶりに

マインド強化のセミナーをやります。

今回のセミナーは、

ビジネスやってる人も

これからビジネスやる人も、

まだOLさんの人も

主婦の人も、

誰が聞いても楽しめる

人生ステージアップのお話をメインにします。

起業家hub+の会員様は

特別価格でご参加いただけますので、

ぜひhub+にもご登録くださいね!

●起業家コミュニティ<起業家hub+>の詳細はこちら

「起業して最初の30万円を最速で売上げるメール講座」配信中!


小冊子を今すぐゲット!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする